防犯ガラスのつづき~2
 現場監督の まさと です

 今回は 前の防犯ガラスのつづきです。

 
 前回の CPマークとは・・・・

 官民合同会議で「防犯性能の高い建物部品」を 

 広く普及促進を行うために 統一マークと共通呼称にして

 作成されたそうです。

      P1010960_convert_20091119190941.jpg

 シンボルマークの「CP」は

 ”Crime Prevention” = 「防犯」の頭文字の

 CPとなっているそうです。


 官民合同会議では 「建物部品の防犯性能とは、工具類等の

 侵入器具を用いた侵入行為に対して建物部品が有する抵抗力を

 いうものとする」としています。 ちょっと難しいですね・・


 防犯性能の高い建物部品は 以下の15品目です。

 1 ドアA種(低層住宅用玄関ドア)

 2 ドアB種(中高層マンションやビルに用いられる鋼製ドア)

 3 ガラスドア       4 上げ下げ内臓ドア

 5 引戸          6 錠・シリンダー・サムターン

 7 サッシ         8 ガラス

 9 ウィンドウフィルム   10 雨戸

 11 面格子         12 窓シャッター

 13 重量シャッター     14 軽量シャッター

 15 シャッター用スイッチボックス

 
 いつも見ている建物の部品でも CPマークがついていると

 安心できますね 

 今日はここまで   また 防犯の話しま~す。


                           つづく~  まさと



スポンサーサイト